Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/fregg/ekbn-g.jp/public_html/sys/wp-content/plugins/siteorigin-panels/inc/styles-admin.php on line 390
コラム – 駅弁ぐるめ – 駅弁ポータルサイト –

コラムcolumn

手筒花火弁当 豊橋駅

東海道本線豊橋駅。 新幹線「のぞみ」はもちろん通過。 「ひかり」が一日数本停車する他は、「こだま」のみが停車ということで、旅行者にはちょっと利用しづらい駅である...

Read More

駅弁はどれだけ売れたのか

輸送方法が発達した今では、大都市のターミナル駅に行けば各地の駅弁を入手することができますが、昔は駅弁と言えば、その土地に行かなければ入手できないものでした。 で...

Read More

懐かしい味「幕の内こだま」

名古屋駅の駅弁と言えば、大正11年創業の松浦商店。 そして、名古屋と言えば、やっぱり名古屋めしということで「味噌ヒレカツ重」や、ちょっとお高い「ひつまぶし弁当」...

Read More

2020年駅弁大会復刻掛紙

井筒屋 米原駅 御弁当 米原駅は、明治22年(1889)に東海道本線の関ヶ原駅から馬場駅(現在の膳所駅)間と、北陸本線の長浜駅から米原駅間が開業したことにより設...

Read More

駅弁とかまぼこ

            駅弁のおかず、特に幕の内弁当に欠かせない三種の神器と言えば「かまぼこ」「玉子...

Read More

2018年駅弁大会復刻掛紙

南洋軒 草津駅 上等御弁当 明治22年鉄道局長の承認を受け、草津駅でのホーム立売を開始。当初は南茶店、南茶寮と名乗っていたが、後に南洋軒と改称し現在まで続いてい...

Read More

2017年駅弁大会復刻掛紙

新竹 松阪駅 御弁当 明治27年11月、参宮鉄道株式会社の許可により構内営業を始め、昭和9年からは車内販売も行っていた。 掛紙は昭和戦前期の特徴をよく表しており...

Read More

2015年駅弁大会復刻掛紙

東華軒 国府津駅 鯛飯 東華軒は、明治20年7月に国府津駅が開業すると、翌21年に同駅にて弁当の販売を開始。その後、大正9年10月に熱海線(現在の東海道本線)国...

Read More

2014年駅弁大会復刻掛紙

金亀館 高山駅 御寿司 金亀館は代々割烹料理店を経営していたが、昭和9年10月18日に名古屋鉄道局長の承認を得て構内営業を開始した。 その理由は、高山本線の全線...

Read More